魚群探知機で魚を追い詰めましょう|爆釣を約束

作業員

知識と経験も必要です

男性作業員

魚群探知機が故障する原因の多くは、釣りの後にメンテナンスを怠ったことが原因です。予備を持っている人は少ないので、日頃のメンテナンスを怠らないようにしてください。慣れてくると魚群探知機の表示で魚種も判断することができるようになります。

Read More...

釣りに欠かせないアイテム

男女の作業員

ボートで釣り場ポイントを探す際、魚群探知機を使用すれば楽しみをより一層深めることが出来ます。こうした釣りアイテムは通販サイトの口コミ欄を参考にチェックしていくのがオススメです。必要に応じてその性能、価格をチェックしていくことも大切ですが、ポイントは利便性や実用性を重視することなのです。

Read More...

2種の周波数で釣果を向上

魚群

普及が進んだ理由

魚群探知機は漁船への普及から始まりましたが、価格が安いけれども高性能な魚群探知機がでてきたためプレジャーボートにも設置されるようになってきました。漁船では、多くの混入しないように周波数が多いのに対して、プレジャーボートに使用する周波数は50kHzと200kHzの2種類だけなことが多い位でモニターの表示に関してはほとんど差異がありません。魚群探知機の普及が進んだのは、プレジャーボートに簡単に設置できることも理由にあがっています。プレジャーボートの多くはFRPでできていますが、FRPは超音波を通します。多少の減衰はしますが、実用上問題ないので、ボートの底に穴を開けなくても船底に筒を立てて液体を注入してセンサーを入れれば簡単に使えるようになりました。

周波数の違い

このような特射機械を購入するときは、それを専門的に扱っているお店で購入することが大切です。漁業に携わっている方は、このような高性能な魚群探知機の有無で収穫量が異なってきます。安定的な収入を得るためには、より性能が高い探知機を搭載することが大切なのです。最近の専門店は自身の通販サイトを運営していることがあるので、お店まで購入しに行く時間がないという方は、これを利用することをおすすめします。通販サイトでは探知機をカタログ形式で紹介しているので、これを参考にして選ぶといいでしょう。それぞれの性能が紹介されているので、自分の漁業法に合ったものを選ぶことが大切です。選ぶ方が分からないという方は、専門店が運営する相談センターに質問することが重要になります。相談スタッフが丁寧に対応するので、購入するにあたっての不安点や疑問点などを質問するといいでしょう。

海底の地形の味方

握手する作業員

魚群探知機は魚群を探すだけでなく、対象魚の好む地形を把握するためにも利用します。魚群探知機の画面は時系列で船の真下の状況を表示しています。船の速度と送りスピードによって海底の起伏表示が変わります。魚群を見つけて釣果をあげるには、操船技術も重要です。

Read More...