魚群探知機で魚を追い詰めましょう|爆釣を約束

女性スタッフ

海底の地形の味方

握手する作業員

魚の好む場所を把握

魚群探知機に反応があるところが釣りにとって必ずしも良いポイントであるとは限りません。魚群探知機は魚マークが出る機種がありますが、対象魚でないばかりか、プランクトンやゴミ、釣りの対象にもならない小魚であることもあります。良く釣れるポイントは対象魚によって異なります。まずは対象魚が好む場所かを魚群探知機で見つけて、その次に魚の反応が出ているかを探します。例えばアジやタイは小魚やエビやカニを食べるので、潮が良く当たる砂地にある沈み磯を好みます。何度も釣りに行く場所であれば、日頃から複数のポイントを把握しておけば、そこに対象魚がいるかどうかを魚群探知機で確認して回っていけば効率よく釣果を上げることができます。

正しく画面表示を見る

魚群探知機の画面に表示される内容は、海底の断面図ではなく、船の真下の海底の状況を右が最新の情報で、左にいくにつれて古くなるように時系列で表示しています。送りスピードと船の速度を一致させれば、海底の断面とほぼ同じ情報を表示することができます。船の速度の方が送りスピードより速いと、海底の起伏は実際よりなだらかに表示されてしまいます。船の速度の方が遅いと実際より急な起伏で表示されます。もちろん、画面中央が船の真下ではなく、過去の海底の情報であることにも注意してください。海底の地形をしっかり知り、釣果のあがるポイントにいけるかどうかは、魚群探知機を正しく見られるようにするだけでなく、ポイントに確実にボートをつけられる操船術も重要です。