魚群探知機で魚を追い詰めましょう|爆釣を約束

女性スタッフ

知識と経験も必要です

男性作業員

日頃のメンテナンスが大事

魚群探知機は年々機能が追加されて、高性能になっていますが、価格は抑えられているため普及の速度が上がっています。コンパクト化や電源を必要としない充電式の製品が現れたことによって、漁船やサイズのあるプレジャーボートだけでなく、ゴムボートや乗り合い釣り船に持ち込むことも増えてきました。釣り竿やリールを複数持っている人が多く、1つが壊れた場合でも他のもので代用できることが多いですが、魚群探知機を複数持っている人はほとんどいません。魚群探知機の便利さを知ってしまうと、なしでは釣れる自信を失ってしまいます。魚群探知機の故障の多くは、釣りの後のメンテナンスを怠ることが原因です。塩や浸水から守るためにも日頃のメンテナンスはしっかり行って下さい。

魚種がわかります

魚群探知機のモニターに映る魚群は慣れてくると魚種を判別することができるようになります。モニターに表示された魚群の形状と周りのぼけ具合、それに水深や水底の地形を考慮することによって魚種を判断します。そのため、魚の生態もしっかり知っておかなければなりません。たとえば、アジの場合は緩やかな山状で、海底は瀬から落ちた場所に大型のアジがいることが分かっています。このような手助けをしてくれるのが探知機です。魚類が見分けることができるようになると、自分が捕るべき魚とそうでない魚を区別することができます。より収入をあげることができる魚だけを狙って、捕縛することができるのです。他の魚を釣るのは時間がもったいないと感じる方は、探知機を利用して効率よく漁業を行ないましょう。